お題リベンジリベンジ「96:模様」

さくさくと秋の模様で埋まってく弱い光のバイストンウェル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お題リベンジ「96:模様」

[始めに作った歌]

重ね着の人の群れが吸う雑音の少ない街はもう秋模様

「模様」という単語を説明する歌になってしまっている気がします。

重ね着の人の群れが吸う雑音の少ない街→秋模様

こういうときは説明される主体を削ったほうが盛り込める情景が
多いような気がするのでお題の「模様」をとっちゃおうかな。

[改作1]

重ね着の人の群れが吸う雑音の少ない街で踏む銀杏の葉

これでどうだろう?"色み"が付いたのでまあまあいいような気もする。
音の無い街で落ち葉を踏む場合、ザクザクという音が出るはずですが
銀杏だと落ち葉にも水分が多いのであまり音がしませんね。
全体のトーンに合わせるとそれでも良いけど、あえて音を強調するのも良いかも。
その場合は他の葉っぱにしようかな。

[改作2]

重ね着の人の群れが吸う雑音の少ない街で踏むポプラの葉

ポプラの葉がどんな葉っぱだったか思い出せないけど「ポプラ」っていう
破裂音がサクサクした葉っぱを連想させるのでこれでいこうかな。

うーん。
ぼかぁ銀杏(いちょう)の方がいい気もするなぁ。

おっと、お題リベンジなのにお題を棄てちゃったのでお題を入れたのを作ろう。

[改作3]

天気図もボレロのように冬まとい西高東低模様をゆらす

重ね着の秋から、季節は冬になったので"服"つながりでこんな感じ。
西高東低の冬の天気図は美しいです。それで入れてみたけどまだなんか薄味で
つまらないな。気持ちが乗れば再々リベンジとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やってはいけない自分の短歌の話96~100

096:模様
重ね着の人の群れが吸う雑音の少ない街はもう秋模様

説明的過ぎますかね?世の中にあるもの全てを布に包んだら世界は静かになるでしょう。

097:話
すべらない話がすべて恋愛にまつわる俺をつづけて三十路

非モテ炸裂。いろいろな話があるでしょうがやっぱりうけるのは非モテエピソードです。
飲み屋で人気者になるのは嬉しいのですがなにかさびしい気分になるのはなんででしょう?

098:ベッド
飛び込んだベッドの底に届かずに沈み続ける11月よ

春眠暁を覚えずといいますが、秋だって眠い。
寒くなり始めの季節は布団の中に沈んでいたい。

099:茶
甘くない紅茶を飲んで推理する緋色の謎はしびれる薬

お題「ピアノ」のときに生まれ変わったらジャズピアニストになりたいとイタイことを
書きましたが、できればジャズピアニストの名探偵になりたいです。
そもそもジャズのCDをわけも分からずに買ってはニヤけているのは御手洗潔という探偵の影響です。
彼はジャズを愛し、事件の謎をやさしさを持って解き明かします。
コーヒーではなくて紅茶を詠み込んでいるのは彼がコーヒーを飲まないからです。
(御手洗潔が好きなコーヒーを止めるエピソードが非常に好きです。)
また、名探偵つながりで元祖名探偵、ホームズシリーズの「緋色の研究」からも
単語をいただいております。(あとホームズがコカイン中毒なのも入れてみました)

100:終
真実を求める旅ならもう少し早めに終われた気がするけれど

実はもうひとつ「終」の歌を作ってあったのですがこっちの方が
題詠100首のおわりにはふさわしいかと思ってこちらにしました。
結論なんて出ていたって続ける旅もあるのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

やってはいけない自分の短歌の話91~95

091:命
このままでいいのかいいやいいんだな かけた命がぶらぶらゆれる

♪いいとこ見せたいそのわりにかけた命はすぐ滑る。
そんなもんだし揺れない命は信じられません。

092:ホテル
あの城はお城でなくてホテルなの子供がいけない夢の国なの

子供のときは楽しそうなところだし行ってみたくて仕方がありませんでした。
大人が子供に帰る夢の国にあるのはシンデレラ城だけじゃないよ。

093:祝
自転車で輝く世界を貫いてスタバで明日を祝ってあげる

自転車で出かけるとお酒を飲めません。だから祝い事もアルコール抜きで。
寒い冬の夜でも自転車で駆けつけましょう。コーヒーでも祝ってあげましょう。
冬は意外と楽しいです。

094:社会
この僕が社会を変える可能性考えて書く尻文字クイズ

へんなトラックバックをしてしまった1作。
もう時間がなくてテンパっていたのです。
ふざけたことで世の中を動かしたいという高校生のような願望が込められた、
そして込め損なった歌です。

095:裏
裏庭で咲き誇る花をぼんやりと見てたアロエで潤すお肌

近所のおばさんというのは一般的にトロ箱でアロエを栽培しているものだという
へんな思い込みがあります。そのアロエはぞんざいな扱いなのにどんどん大きくなる。
路地裏の王はアロエなのです。そんなことを思っていたのでいつか登場させようと
思っていたアロエがここに登場しました。
保湿剤を体中に塗りたくる疲れ気味の独身女性をイメージした歌にしたので
ここで登場してもらったアロエはぼんやりしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やってはいけない自分の短歌の話86~90

086:石
大人だが素敵な女性を見るように磁石の不思議にうっとりできる

磁石大好き。おもしろい。くっつくし。砂鉄も取れるよ。ぃやっほう!

087:テープ
ビートルでカセットテープを再生し世界を救う老婆の話

20世紀少年的な何かの物語。最初は「ラジカセで~」だったのですが
普通すぎるしちょっと変えてみました。

088:暗
反射する光のかけらも見つからぬ暗闇の中でほどける意識

「モノが見えている」というのはモノにあたっている反射光が目に入るということ。
そんな微弱な光さえ届かない闇で感じるのはなんでしょう?というのが言いたかった。

089:こころ
モテモテのこころがけとはみたらしのように甘くは無いみたいです

「心」でなくて「こころ」だというのが甘すぎる表現で作りにくいなぁ、と思ったので
もっといろいろタラタラかけて甘々な感じにしてみました。

090:質問
その声は良い質問が多いから雑音の中で探しやすいよ

良い質問ができる人は頭のいい人です。そんな人と話すのは楽しい。
そんな人と出会いたい。どこにいるのかね?聞き耳を立てれば見つかるかしら?
なんていう発想で作りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やってはいけない自分の短歌の話81~85

081:露
コーヒーの香りの露のまだ朝の光の庭のマグのかけらの

朝、居間に下りると中庭にまだ温かいコーヒーが滴る割れたマグカップが落ちている。
なにがあったのでしょう?

083:筒
別々の筒を咥えているけれど特別感は交じり合ってる

あのおっきいグラスにストローが2本ささっているジュース。
良く考えるとお互いが飲んでいるものが混ざるわけではありませんがなんだか特別。
まだ間接キスのほうがライトな気がします。何故でしょう?

084:退屈
退屈ですることが無くすることのした後にくる虚無感がある

そして母親に見つかる(またか!)

085:きざし
きざしだと間違えていた明るさはビルに阻まれ届いていない

なんか陽射しがあたたかく、世界が希望に満ちているような錯覚を起こすときがあります。
ただそれはそのときの気分で、自分でいろいろなことに立ち向かわねば
何も得られないのです。という自戒を込めてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やってはいけない自分の短歌の話76~80

076:まぶた
星空を順路に沿ってプロットしまぶたに地図を広げる夜明け

普段短歌には使われそうも無い言葉を入れたかったのでこんなのができました。
「まぶたの裏にうつる」的表現ですがそれとは違って見えるように気を
使ったつもりです。でもわりとよくある感じになっちゃったな。

077:写真
見たままに写らないから写真にはプロが居ること気づける笑顔

最近、デジカメを持ち歩くのですが広角の単焦点レンズなので
自分が思ったような絵にならないことがよくあります。
どれだけ月がきれいに見えていてもデジカメで撮ると光のシミにしか見えない。
写真というのは難しいものだなと思いながら作りました。
このテーマをなんども短歌にしようと試みているのですが未だにうまくいきません。

078:経
時を経て残したものが多くなり名前を変えず生きていけない

ブログとかミクシィとかで日記を書くと生きてきたことのログが残っていきます。
これは面白いことだと思うのですが、あとでこの証拠を消してしまうことは難しいです。
Googleにキャッシュされたりして自分の書いたものだけ消しても誰かがコピーして
残していたりするのです。こんな僕の短歌でさえ、僕の良く知らないところで引用されたりします。
それはなんだか嬉しいことの気もしますが、僕が何年後かに消したいと思っても消せないのです。
何かしでかしてリセットしたいと思ってもなかなかそうもいかないゼっていう感覚を詠んでます。

079:塔
訳も無く登った塔で確認をしたから今も迷ってしまう

うろ覚えマップは自分の位置を曖昧にします。
たまには何も考えずに突き進んだほうが目的地につけたりして。
振り返るなアムロ!(突然ガンダム)という感じの歌。

080:富士
富士山が見えるぐらいの澄みかたで満たされていたカルピスの日々

これは空気の透明度を考えていてできたものです。
透明度といえばカルピス。霞がかかった記憶。はっきり見えた富士。
誰と遊んでたんだっけあの頃は?友達の家のカルピスが濃くて驚いたな。
みたいな連想。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やってはいけない自分の短歌の話71~75

071:鉄
鉄棒に噛み付いたときの感触に似ていたけれど泣いたのは君

このお題のときに思い出したのはハイロウズの歌で
「♪ジャングルジムはいつも鉄の味がする」という歌詞があったこと。
なんかこう、落ちたりぶつかったりして血がでるのをイメージして
やたらと痛いような怖いような子供のときによく味わっていた感覚を思い出しました。
そんなことあったかどうか分からないけどなんとなく憶えている不快な感触。
それを詠み込んだのがこの歌です。

072:リモコン
リモコンで扇風機の向き変えながら引き寄せる長い髪の熱源

人間の周りには熱気が漂っていてそれを感じると触れていなくても
触れているのと同じ気持ちになります。それをおもいながら作りました。

073:像
網膜に逆さに映っているはずの像を逆さにする素直さだ

網膜には逆さまに像が映っています。それを脳が逆さにするのです。
人間がとらえている信号自体は世界そのままではない。
これが不思議だと思うのです。わざわざ正しくなるようにひっくり返す。
人間の仕組み自体がわりと不自然だと思うわけです。

074:英語
英語では言い表せないことだからさんきゅーさんきゅーすげぇさんきゅー

吉田戦車の漫画で「正しくないサンキューの使い方」という4コマがありました。
「ありがとう」と「サンキュー」は同じではない。
特に日本人が日本語として使った場合、別物である。
言語と気持ちの乖離がテーマであるのにすごく不真面目な感じになりました。

075:鳥
鳥よりもグライダーだった一瞬を取り戻すべく逆上がりして

鉄棒のグライダーって技、知ってますか?あれは怖いですよね。
大人になったらできなくなることも多いです。子供のときの感覚を思い出せるなら
もう少し無邪気に笑えるような気がすることもないこともない。
なんて思わずにはいられない。そんなときにできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やってはいけない自分の短歌の話61~70

061:論
ハリウッド映画のような結論を出して会議が沈んでいった

結論が決まっているのにやる会議ってやつはいったい何なんでしょう?
という怒りを込めて詠った歌。
ここではハリウッド映画を悪い意味の表現で使っていますが実は
ああいう感じの分かりやすいのはキライではありません。

062:乾杯
乾杯でぶつかるグラスの振動の赤紫にもう酔ってるの

結構やけっぱちで作った歌です。
僕の友達に他の酒ならいくら飲んでも大丈夫なのにワインだけにはからきし弱いという男がいます。
なんとなくそんなことを思い出して作って見た歌。

063:浜
砂浜と海の境を測りつつそれが秋でも二人は無敵

今振り返るとチープだったなぁ。
波打ち際で波と戯れる様を読み込もうという試みなのですが後半がなぁ。

064:ピアノ
打楽器の性能見せてガンマンはピアノでロマンを救ったのです

JAZZのCDを結構たくさん持っていますがタイトルも奏者も覚えられません。
でも生まれ変わるならJAZZピアニストになれるといいなと思っています。
現世ではリコーダーすらまともに吹けないのであきらめました。楽譜も読めません。
JAZZだとピアノは打楽器のようにリズム担当のときがあるような気がするのでこんな歌になりました。
早弾き早撃ちのガンマン。かっちょいい。

065:大阪
つっこみが足りない気がする今だから世界各地につくる大阪

北京に一人旅をしたときに北京の田舎でまっピンクの服を着た大阪弁のおばさんを発見しました。
彼女達がいるところが大阪。悪い部分だけでなく良い部分も輸出して欲しい。
そんな願いが場違いに込められています。

世の中つっこみが足りないせいでおかしなことがまかり通るのです。

066:切
あまりにも空っぽだからあなたには切断面が見せられません

自分の発言の中身のなさに酷く凹むときがありますがそんなときは
非常に情けない気分になります。
空っぽが露呈しないように僕は切り口は見せないように生きようと思っているのです。

067:夕立
夕立を全て避けては帰れない 溶けて流れる魔法を見てる

真心ブラザーズの「サマームード」という歌を聴きながら作った歌。
「サマーヌード」じゃないですよ。
夏の夕暮れ、暑さが溶かされるような夕立を雨宿りしながら眺めているという歌です。

068:杉
街路樹の木漏れ日縫って杉並のカラスが唄う おぉしゃんぜりぜ

このお題は難しかった。だって植物の杉の場合は「スギ」とカタカナで表記されることが
多いので漢字で使うというのは難しいのです。名前とか地名になってしまいます。
カラスにとって東京は住みやすい街だろうなと前から思っていたので
それと組み合わせて苦しい一首にしました。

069:卒業
卒業を写真判定されぬよう隠してたんだ 未練じゃないよ

卒業はするものか?されるものか?そのあいまいな部分を歌にしてみたかったけど
あまり巧くいってないような気がする。60以降は非常に苦し紛れの歌がつづいているな。

070:神
神様に祈ったりする気休めに罪悪感をわりと感じる

何かを祈るということは宗教を信じる信じないは別として悪いことではないと思う。l
ただ、神に祈る場合は自分の自分勝手さを恥じながら祈りたい。
「わりと」でいいから。

-----
苦しい苦しい後半の30首。100まで振り返ったらもう一度チャレンジします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

やってはいけない自分の短歌の話51~60

051:宙
宇宙食たべながら見る地球って汁気が多くてわりと美味そう

これは普通に宇宙の歌を作りたくなくてこんな形になりました。
そんでもって見上げるじゃなくて見下ろす視点にしました。
ただ、地球は青いのであまり食欲をそそるような内容では無かったですね。
共感を得られないならもっと説得力が出せる形じゃないとダメだったな。

052:あこがれ
あこがれは心の奥地に咲いていた かすかに嫉妬の香りがしてた

これは共感を得たくて作った歌。短歌なんか作っていると非常にうまい人が
うらやましくってしょうがありません。僕はどちらかというと憧れよりも嫉妬が先に来ます。
「あんなおもしろい歌作りやがって。すげぇ羨ましいな。」とか。

053:爪
つめきりに残った爪を持ち帰る 無機質な分少し変態?

ジョジョ好きな人にはわかるかも。吉良吉影ですね。
ただこんな言い回しはしないでしょう。
生々しいものと無機質な感じのものだったらどっちが変態ですか?

054:電車
「ライダー」の意味を調べに本郷と会う旅に出る電車に乗って

これは結構やっつけで作っちゃいました。反省。
普通に電車に乗っている歌にしたくなかったのでこんなになっちゃいました。
今の仮面ライダーが電車に乗っているのでそれを詠みこんでます。
おもちゃを売りたいのは分かるけどもうちょっと本質を思い出そうよ。ということ。
ライダーの必殺技もキックにして欲しいな。そもそもライダーというのは(以下省略)

055:労
片目だけ瞬きをする労力で全て無効にされて7月

女の子の仕草の何が良いか?という問いには非常に困ります。
そのときのシチュエーションこそがそれを決定付けるのです。
好きになる瞬間というものは仕草のみをひとつの変数として決められるのではなく、
その他のいろいろな変数を含む複雑系な問題なのです。
なんてことをもごもご考えてしまって挙動不審になるのです。
聞く人もそんなに気合入った回答はいらないのです。

理屈じゃないってことは世の中にいっぱいあるので
一撃ですべてを無に帰すぐらいの必殺技も存在するのかもしれません。

056:タオル
おしぼりを濡れタオルとは呼ばないし彼女を豚と呼んだりしない

最初はびしょびしょのおしぼりってたまにあるけどあれはなんか気持ちがわるいなぁ、
ということが言いたかったのですが、いつのまにやら脱線して高架から落ちてしまいました。

 


057:空気
体内の圧縮空気を開放しはじけてしまうように笑った

おもいっきり笑うことってなかなかないのです。
どかんと笑いたい。ばーんと笑いたい。

そんな瞬間は結構何かのプレッシャーの中で生まれる、
そう思ってこんな風になりました。ただこれはなんか散文チックだなあ。

058:鐘
あの鐘を鳴らして欲しいと夕暮れの町を見守る巨人が唄う

これは結構気に入っています。
この巨人はいったいなんでしょう?
あの鐘を鳴らすのはあなただと歌っているのは誰でしょう?

059:ひらがな
ひらがなで埋まった世界で掘り返すぼくのふしぎは俺の骨格

ここはなかなか作れませんでした。
「ひらがな」を使ったよい短歌を知っているので僕も気合が入っていたのです。
ただ、ちょっと時間的に余裕がなくなったので無理に作りました。

ひらがなとくればやはり漢字との対比を出したくなるので
アルジャーノン方式でまとめよう。(僕の中では眩暈方式が正式名称)
子供と大人の対比という形で一首にしたてました。
"埋まる"と"骨格"という言葉ももちろんつながるように考えています。

060:キス
スイーツは「甘くない」って誉めるのにキスの甘さで図る疑い

「甘い」って褒めるのは魚介類。(例:このエビ、あま~い)
「甘くない」って褒めるのはスイーツ (例:このケーキ、甘くなくっておいしい)
甘さというのは曖昧な判断基準です。そしていろいろな甘さがあります。
それを読み込みたくてここで使ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧