« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

思考ムーブメント

最近お友達が「ゾンビ」にはまっていて
信じられないくらいゾンビゾンビゾンビゾンビ言っている。
そのうちに周りの人もゾンビが気になりだして
「ゾンビが載ってたよ」とか「ゾンビが出てるよ」とか
「私ゾンビだよ」とか言い出す始末。
まさに時代がゾンビ。局所的に。

続きを読む "思考ムーブメント"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロエ

乙女らよアロエの果肉かみしめて恋の理力を蓄えるのだ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お題リベンジリベンジ「96:模様」

さくさくと秋の模様で埋まってく弱い光のバイストンウェル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お題リベンジ「96:模様」

[始めに作った歌]

重ね着の人の群れが吸う雑音の少ない街はもう秋模様

「模様」という単語を説明する歌になってしまっている気がします。

重ね着の人の群れが吸う雑音の少ない街→秋模様

こういうときは説明される主体を削ったほうが盛り込める情景が
多いような気がするのでお題の「模様」をとっちゃおうかな。

[改作1]

重ね着の人の群れが吸う雑音の少ない街で踏む銀杏の葉

これでどうだろう?"色み"が付いたのでまあまあいいような気もする。
音の無い街で落ち葉を踏む場合、ザクザクという音が出るはずですが
銀杏だと落ち葉にも水分が多いのであまり音がしませんね。
全体のトーンに合わせるとそれでも良いけど、あえて音を強調するのも良いかも。
その場合は他の葉っぱにしようかな。

[改作2]

重ね着の人の群れが吸う雑音の少ない街で踏むポプラの葉

ポプラの葉がどんな葉っぱだったか思い出せないけど「ポプラ」っていう
破裂音がサクサクした葉っぱを連想させるのでこれでいこうかな。

うーん。
ぼかぁ銀杏(いちょう)の方がいい気もするなぁ。

おっと、お題リベンジなのにお題を棄てちゃったのでお題を入れたのを作ろう。

[改作3]

天気図もボレロのように冬まとい西高東低模様をゆらす

重ね着の秋から、季節は冬になったので"服"つながりでこんな感じ。
西高東低の冬の天気図は美しいです。それで入れてみたけどまだなんか薄味で
つまらないな。気持ちが乗れば再々リベンジとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マシンガンスキップ

短歌の投稿をしなくなったのであまりエントリを書かなくなりました。

どこかに移転して心機一転、違う感じのものをはじめようかという気がしなくもないけど
気分が変わるのは僕だけであって
結局いろいろなところに駄文の残骸だけが残るわけです。

表現のフレームを変えて心機一転の魅力は
筆名にもあてはまり、筆名を変えたいという欲望は
自分を変えたいと思うたびにむくむくと湧きます。
でも内面を表す文章というやつはなかなか変わりません。
あとで「変わったのは名前だけか。」と自分で思うのは切ないので
カッコ悪くても自分の残したものはそのままにしておこうと思います。

と、言うわけでブログを引っ越したり、名前を変えたりはしないのですが
そんなことを思いながらも新しいブログの名前だけはいっぱい考えています。

今のところ一番お気に入りなのは
「マシンガンスキップ "世界脳"」です。
意味はありません。

そしてこの文章にオチも無いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »