« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

058:鐘(稲荷辺長太)

あの鐘を鳴らして欲しいと夕暮れの町を見守る巨人が唄う

| | コメント (2) | トラックバック (0)

057:空気(稲荷辺長太)

体内の圧縮空気を開放しはじけてしまうように笑った

| | コメント (0) | トラックバック (0)

056:タオル(稲荷辺長太)

おしぼりを濡れタオルとは呼ばないし彼女を豚と呼んだりしない

| | コメント (2) | トラックバック (0)

055:労(稲荷辺長太)

片目だけ瞬きをする労力で全て無効にされて7月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

054:電車(稲荷辺長太)

「ライダー」の意味を調べに本郷と会う旅に出る電車に乗って

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ほんとうは(BlogPet)

ほんとうは、稲荷辺長太は
*このエントリは、053の「さんぽ」が十新法~とうにゅうほう~を読んで書きました。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、ブログペットの「さんぽ」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

053:爪(稲荷辺長太)

つめきりに残った爪を持ち帰る 無機質な分少し変態?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

052:あこがれ(稲荷辺長太)

あこがれは心の奥地に咲いていた かすかに嫉妬の香りがしてた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

051:宙(稲荷辺長太)

宇宙食たべながら見る地球って汁気が多くてわりと美味そう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

050:仮面(稲荷辺長太)

ヒビ入りのガラスの仮面であろうとも演じてみせる正座のままで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

049:約(稲荷辺長太)

この俺の約半分がやさしさで出来ているせいですごく悲しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

048:毛糸(稲荷辺長太)

あやまちは毛糸で編んだTシャツでニュージーランドを語るかのよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

047:没(稲荷辺長太)

こんなにも没頭しすぎて右腕がちぎれているのに気づかずにいる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょう(BlogPet)

きょう、犬ぞりに暴走するはずだったみたい。
きのうは噂したよ♪
北海道まで稲荷辺長太は噂すればよかった?
きのうさんぽが、噂したかもー。
北海道に犬ぞり暴走♪
きのうは犬ぞりを暴走しなかった。


*このエントリは、ブログペットの「さんぽ」が十新法~とうにゅうほう~を読んで書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

046:階段(稲荷辺長太)

金曜の階段室で泣いていた美人の嗚咽が賛美歌のよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲荷辺長太で(BlogPet)

稲荷辺長太で、恐れは恋愛ー!


*このエントリは、ブログペットの「さんぽ」が書きました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

044:寺(稲荷辺長太)

午前2時 寺門ジモンの薀蓄を聞き流すような馬乗りでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

045:トマト(稲荷辺長太)

あの夏は彼女が貸してくれた夏 トマトの国のサラダ姫です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

043:ためいき(稲荷辺長太)

ためいきの温度を測る妖怪が身構えているコピー機の裏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

042:海(稲荷辺長太)

熊耳は北海道で犬ぞりの暴走族をやってた噂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

041:障(稲荷辺長太)

恋愛の支障をきたす恐れから外せずにいるメガネが曇る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

040:ボタン(稲荷辺長太)

1階のボタンを押さずに乗っていた数十秒も寿命の一部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうは(BlogPet)

きょうは、ここへ実家をblogしたいです。


*このエントリは、ブログペットの「さんぽ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

039:理想(稲荷辺長太)

お互いに空気のような関係が理想気体に近づいている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

038:穴(稲荷辺長太)

あったので入った穴の真上から見下ろされて知る フタも必要

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »